忍者ブログ

迷走記

ゲームと日常での活動記録(`・ω・´ )

[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

[PR]

2020/06/06 (Sat)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我思う、ゆえに我あり

2011/02/23 (Wed)

走次郎です(・ω・)ノ

今回は最後辺りということで走次郎感でも書いてみる。
(SSは特に意味無いです。記念に撮ったものを切り貼りしてみただけw)

meisouki_1317_Che.JPG


飛天を始めて4年と半年くらい。
それまで『そうじろう』なんてハンドルネームは使ってなかった。
それどころかキャラ作成時にポッと出てきた名前。
なので走次郎は06年8月16日に誕生したといえる。

果歩、拓徒、徒音などなどのサブキャラも誕生した。

meisouki_1318_MURAKUMO.JPG


客観的に見ればどのキャラも『走次郎』なのだろう。
だけどオレは完全にそう思えず、各キャラ独立している。
蝶のナイフやレンクセンも別人。
各々が違う容姿や性格を持っている。
操作しているのが同一人物だし、オレの分身であることには変わりないけどね(^^ゞ

分身でもやはり『RPG』というものが念頭にある。
直訳で役割を演じる遊び。
要約すればごっこあそび。
オレが作った走次郎でも、走次郎という役。
『オレ』=『走次郎』であっても『オレ』≠『走次郎』でもある。
別のゲームで同じ名前を使ってもそれらは別人に思えるしな~。

その意識からブログ内では、完全に中の人意見の一人称は『オレ』。
崑崙鏡内での話しの時には一人称は『走次郎』となっている。はず。
徹底した意識でないからそうで無い場合もあると思うけどね(^^ゞ

meisouki_1316_Ang.JPG


歴史を保管する崑崙鏡。
その中で起こっている事件の解決のために召還されたプレイヤー。
それを描いたストーリークエストは結局は未完のまま。
狂った歴史で発生した妖魔と人類の抗争の結末を走次郎を通して見る事は叶わず。

サービス終了しても崑崙世界は在り続ける。
世界が消えるのではなく観測ができなくなるだけ。

観測できないものは存在するといえるのか?
存在ってそもそもなんだ?
とか哲学的なことは考えると面白いが難解だし、その辺は考えない方向で。
物に魂が宿る考えと同じ原理で在り続けるということで(^^ゞ

で、そしてその中で走次郎は冒険を続けることだろう。
喧嘩ばかりする派員とか、初期頃からの友人とか、見つけては強襲してくる人とか、面白夫婦とか、やさしめに物騒なこと言う鏡童とか。
他にも色々気になるけど交流が浅かったりまだ話しかけたこともない人とか。

オレが操作できなくなるだけ。
叢雲や果歩と一緒に楽しく過ごしていくだろう。

meisouki_1315_Bye.JPG


今まで楽しかったよ

みんなありがとう

ありがとう走次郎







拍手

PR

オレが崑崙山だ!?

2011/02/22 (Tue)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

崑崙鏡2日目にして挫折(^^ゞ
今回見つけられたのは結局一人。

だがその場所は崑崙山の山頂!
meisouki_1314_Gathering25.JPG

そしてまさかの松岡修三…w


崑崙山を探索していて思ったこと。
妖魔が鳥と猿と狼だったこと。
この3種類は日本でおなじみイヌ・サル・キジに似ているな~っと。

鬼の容姿が角に虎ガラパンツなのは、鬼門というのに関連しているという噂。
鬼門というのは陰陽道では悪いものが来るといわれている方角。
方向は丑寅。
だから鬼は牛の角に虎の柄を身に付けているとか。

悪い方角鬼門の反対側に位置するのが申酉戌。
だから鬼を退治するのに対抗する猿と鳥と犬が適任だったとか。

12ある干支の2つの反対側が3つなのはよくしらん。
小耳に挟んだ程度だから…w

崑崙山の山頂には聖具があってそれを邪悪から守るための布陣…!?
とか思ったが妖魔という存在でそれはNGだろうと気付く(^^;
歴史が狂わされて妖魔が発生したという背景はあったと思うが、妖魔化したというのは記憶に無いが…そういうのもあったかな~?

製作チームDOMOが日本にゆかりあるということから思いをはせてみましたとさw


おまけ。
青海湖盆地の流派居城前。特任の博識老人の隣にいる偉そうな人。
meisouki_1304_Leave03.JPG

オレの記憶によれば最近天候が悪くて作物が育たないと言っていた気が…。
記憶違いか、何かのクエストクリアによる変更か、終焉による処置か…。


まだ何か発見があればいいな~。
という感じで今回はここまで。

ではまた~^^







拍手

想い出と共に世界を巡る

2011/02/21 (Mon)

走次郎ダー(≧д≦)/
まず、今回は迷走記史上最長になると思われるのであしからず…w

とはいえ基本的にはSSを貼っていくだけ。
ただその数が膨大でね(^^ゞ
数回に分ければ良いのだが、ネタの不良債権は出したくないからね…w


最後の時をしのんでか飛天ストーリーキャラとかが各所に出現!
そのNPC達は基本的には何か一言とアイテムが買える。

というわけでキャラを探しながら、色々思い出しながら世界を巡り開始。
meisouki_1284_Gathering00.JPG

飛天オンライン運営チーム。
せっかくだからということで最初に(^^ゞ
でも次からは長陽城の流派部屋から開始して見つけた順で。


最初に見つけたのは迷子のミズチちゃん。
meisouki_1285_Gathering01.JPG

トモエちゃんとフォンちゃんとの仲良し3匹組み。
その存在の真意は結局知らないままなんだよね(^^;
蛟の子供の頃の姿なのか、蛟という種族なのか…。
どうにかしてクエツアーをやっておけば手がかりになったかもな(-ω-;)


そして少し進みしばらく存在に気付かなかったニンニン。
meisouki_1286_Gathering02.JPG

ミンミンは妹のはずでござる。
まだまだ緊張しているのでござろうか…?w


ニンニンがやや北側にいたのでそっち方面に行くと迷子(?)のフォンちゃん発見!
meisouki_1287_Gathering03.JPG

鳳凰を日中辞書で調べると 凤凰 fènghuáng と出る。
つまりはフォンちゃんは火鳳凰に関係する存在。
火鳳凰の本来の姿は鳥だしね。
彼女もミズチちゃん同様結局存在がわからないまま。
さらに余談だが鳳は雄、凰は雌。

そしてぐるっと東側を回って中央広場東側に到着。
そこにはバレンタインの定番チョコ作りコンビ発見。
meisouki_1288_Gathering04.JPG

チョコたんからのアイテムもセットで貰うと吉w
meisouki_1289_Gathering05.JPG

過去にいた奇抜なファッションのツインテ鏡童と同じ仮装が手に入る。
後々のSSでモロバレだけどね(^^ゞ


その後は階段を上っておしゃれアイテム販売さんに挨拶。
meisouki_1290_Leave01.JPG

本当…さびしくなるね…。
しかしかなり強調してるね…w


さらに階段を上ると胸大様が!w
meisouki_1291_Gathering06.JPG

存在感ありすぎです…w


北から東側を回って南の方への移動を再開。
気になって入った始まりの地の片隅に黒狐道士が!
meisouki_1292_Gathering07.JPG

イエンマオクエには戦闘をちょこっと付き合った程度。
存在は知っていたけど…こいつもよく知らない奴(^^;
なにやら裏で知略をめぐらせていたぽいからクールなイメージだったんだが。
ぶっきら棒でも頭の切れるキャラは好きなのでこれはこれでありかもだがw

ちなみに種族の村にも行ったけど何も発見できず。


さて、再び長陽城に出て南側から西から北へを回ることに。
まず見つけたのが宿内の荷物を物色する怪しい人物w
meisouki_1293_Gathering08.JPG

管理者であるにもかかわらずあまり世界の物品については知らないんだね。
数百か数千年に相当する年月この中にいるはずなのに謎だ…。
それとも鏡王も寿命は普通の生物並で何代も交代して繋いでいるのかな?
そのどこかで誰かの策略か鏡王達の不手際が重なって3人だけになったとか?
やはり謎が多い。


イエンマオを後にして長陽城の南西にいたのがソフランス。
meisouki_1294_Gathering09.JPG

何かのイベントで現れたのは記憶にあるがその内容が思い出せない(^^;
聖騎士と忍者が実は友達でお互いの祖国にまつわるなんやらのイベントがあったら面白そうだな~。とか思ってみた。


井戸の中は面倒だったので今回は無視!
最西を北側へ移動するとシュオクンに遭遇。
meisouki_1295_Gathering10.JPG

出会いの場所か…。
ここだった…かな…?
蜘蛛糸で縛られているところを助けてもらった気がする。
だとすると防風氏の墓の蜘蛛の巣?
何かちょいキャラとして出ていたのかもしれないけど記憶にない(^^;


シュオクンに別れを告げて中央広場側へ進むと、なんとも異様な光景がw
meisouki_1296_Gathering11.JPG

無事帰ってこれた太守の子。
堂々といる妖虎。
リージィが太守だとばかり思っていたけど違ったんだね(^^ゞ


屋敷を出て中央広場へ向かう。
その途中の武道館にドーンと構えるハラン発見!
meisouki_1297_Gathering12.JPG 

他のやつもそうだけど…何やっているのだろうか…?w


そのまま中央へ行き実はここで運営チームのパタププに出会う(^^ゞ


さっきは中央通を北側に行ったので今度は南に向かうと迷子のトモエちゃん発見!
meisouki_1298_Gathering13.JPG

トモエちゃんを漢字で書けば間違いなく巴だろう。
巴蛇と何か関係ありそうな奴。
何の関係もなくてもこの3匹組みは面白い奴らだ…w


とりあえず一通り回ったのでそのまま南下して外に。
meisouki_1300_Gathering15.JPG

外には桜が咲き乱れ、ルホンがいた!

桜が美しいのはその散り様にあるという人もいる。
開花して満開になればあとは散ってしまう。
その雪のような降り方も、あっという間になくなってしまう儚さが美しさを引き立たせる。

散るはずのないデータの桜だけど、今だからこそ刻一刻と散っていく感じがしてならない…。

ルホンも可哀想に…。
と思ったが、ちょっと考えが変わって今はそうでもないかも、と思えている。
なぜかと言うその話しはまた別のネタと共に後日にでも(^^ゞ


北区には何もなかったので珍妙な名前の桜の木でも載せておこうかw
meisouki_1299_Gathering14.JPG

北区と南区はあまり回っていないが何も見つからなかった(^^ゞ
なので次の街に飛んでみた!


長陽城近辺が最も多いわけだが、それ以外にもいっぱいいるみたいだね。
meisouki_1302_Gathering16.JPG

小さくても存在感のあるパオちゃん…w
染髪剤が買えるので最後に変えてみるのも良いかもw


ココではそんなに変化はなさそう。
発見できたのはもう一個、アイテム交換さん。
meisouki_1301_Leave02.JPG

いつからかは不明。
あまり話しかけてこと無いから(^^;

長陽城にいるおしゃれアイテム販売さん。
それからこのアイテム交換さん。
共に軒轅剣シリーズでのキャラみたい。
詳しくは知らないけどね(^^ゞ


もう少し散策したけどこれ以上は見つからなかったので次に。
選んだのが広霊鎮でもなく銅角山でもなくなぜか青海湖盆地。
そこにも結構いて、最初に見つけたのがグーユエ!
meisouki_1303_Gathering17.JPG

彼からもレア染髪剤が買えるので最後にイメチェンしたい方はどうぞw
これでハラン一行の所在はわかったのかな?

イエンマオルートはキャラがわからないからなんともだな…。
黒狐道士に妖魔三連星は会ったな。
主要キャラ挙げるとルート関係なくいっぱい出るから後から整理してみようかな(^^;


引き続き盆地探索。
いないだろうな~と思いつつも北にある鳳凰の塔に行ってみたら意外といた…w
meisouki_1305_Gathering18.JPG

蛙に気を取られて(?)気付かなかったがこの方もいた!
meisouki_1306_Gathering19.JPG

こうなるとクエストキャラ総出演かもな(・ω・;)

キャラは黙って見ていると何かしらのアクションをする。
鏡童♂なら『上のほうを見渡して頭をかく』と『からだを横にまげる運動』の2つ。
他のNPCはわからないけど、火鳳凰にも2つ存在する。
そのアクションは一見の価値ありだ!
色々動く火鳳凰様を眺められるチャンスはもうこの時しかないからねw


で、実はこの辺りに来て広霊鎮の存在を思い出す(^^ゞ
盆地も一通り回ってこれ以上ないっぽかったのでジャンプ!
そこで待っていたのは3人いる鏡王の最後の1人ダユエン。
meisouki_1307_Gathering20.JPG

…なんだか小さい…。
ちょっと可哀想だ(^^;

しかし買える物は意味が分からない!
meisouki_1308_Gathering20.5-Brute.JPG

外道の称号が買える。
だがその値段は数えるのも一苦労な1億飛銭!( ̄д ̄;)
無料化したショップの裏技を使いこれでも1千万はあるんだが、まさかの金額…。
この称号とその金額の真意はいかにって感じだな…w


広霊鎮といえば黄帝剣派なのでちょっと中に入ってみた。
するとやっぱりいました、派主チャンフォン。
meisouki_1309_Gathering21.JPG

特売品はないみたい。
残念…w


結局は全て行くのだろうが、ちょっと予想して色々な場所に行くことに。
火鳳凰がいたのだから蛟を予想して水神廟に。
廟内部の中間辺りで待ち構えていた…w
meisouki_1310_Gathering22.JPG

覚醒ボスとなって何度もやられている可哀想なやつ。
変奏曲では太刀打ちできないけどね(^^;

こいつからも特殊な称号が買えるので余裕があれば買ってみるのも良いだろう。


覚醒ボスといえば火眼のスオーニがいるとしたら山賊砦かな?
ということで行ってみたらビックリw
meisouki_1311_Gathering23.JPG

黒夫人までいるとは思わなかった…w
だけどこの2キャラには話しかけられない。

なぜだー?と思っていたらちょっと横に気付かなかったバトン君(^^;
meisouki_1312_Gathering24.JPG

そして驚愕のその選択肢!
meisouki_1313_Gathering24.5-w.JPG

選択肢で『w』は良いのか?と思ったが…、
まぁ、良いか、最後だし、面白いしw


さて、後どれだけいるんだろうね…w
という感じで今回はここまで。

ではまた~^^







拍手

ひてん

2011/02/17 (Thu)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

2月13日(日)にイベントが行われたわけだが…。
油断していたというかなんと言うか、防衛戦部分には出れなかった(-ω-;)

それどころか人文字の最後の方からしか出れなかった(^^;
meisouki_1282_hiten.JPG

全編に置けえる内容は他の人のブログか公式ブログで確認して(^^ゞ

ちなみに走次郎はこんなところに割り込みましたw
meisouki_1283_hiten02.JPG

オレも含めて変奏曲員は飛天から離れている。
寂しいね。
まぁ、仕方のないことだけど。

オレは恐らく何かしらのRPGはやるだろうね。
手軽じゃなくって、やり込み要素がありそうなやつ。

でもこのまま辞めるかもだし、どうなるかはわからないけどね(^^ゞ


という感じで今回はここまで。

ではまた~。







拍手

青龍の塔探検

2011/02/12 (Sat)

壁]ω・)ノ 走次郎です~。

最後の猛攻!長陽城“大”防衛戦」イベント開催
鳳凰サーバー:2月13日(日) 20:00 ~ 22:00

定期メンテはあと1回
出せる最低ラインにあるものは全て出たのかもしれない。
イベントも残りわずかとなるだろう。
これが最後かもしれないしラス2かもしれない。

参加は…できるだろう。
上手にSS撮れれば良いんだけどな~。


それは良いとして、白虎の塔に続き青龍の塔にも行ってみている。







拍手

白虎の塔探検

2011/02/07 (Mon)

走次郎です(・ω・)ノ

復元って便利だね~。
不慮の事故でプログラムが終了しても続きから書けるからね!
ちょっと前までは保存の処理に追いつかないのか警告がいっぱい出たけど…。
今はそれも無く快適に保存してくれる!

今回は記事の7割くらい書いてからPC落とさないといけない事態に陥ったからね…。
まぁ…私事なんだが…、いつもの(?)偏頭痛ですよ(-ω-;)

書いている途中に訪れた絶望の前兆。
調べたら虚性暗転と呼ばれる現象みたい。

その間に特効薬を飲めば運が良ければ頭痛は無い。
頭痛が来てもそこでまた薬を飲めばすぐに治ることもある。
残念ながら薬の効果がないときもある…。

今回は薬飲んで眠れたから頭痛が来たのか不明。
朝には治っていたからw
治っていたというのは間違いないけど感覚的には違うかな?
薬の効果が『頭痛部分をすっ飛ばして後遺症(?)になる』感じ。
後遺症は、軽い振動でも頭に伝わり痛いし、肩首の凝り、体が重い感じ。
問題なく生活できる、ちょっと不調程度だから治ったって言っている。

頭痛部分は本当にキッツイからね~( ̄- ̄;)
以前にも書いた気がするからそこは省略でw
前兆も書いたことある気がするけど…そこはご愛嬌で…w

完治するとテンションがハイ気味になる。
なにやら偏頭痛自体が脳内の化学物質の異常放出とかなんとか。
後遺症くらいですでに気分が高まってしまう。
その後遺症も無くなって完治してしまえばただハイテンションな人がいるだけ。
元がローテンションだし、表に出さないから分からないだろうけどね。
こういう場では顕著に現れてしまって困る…w

で、今は完治して追記しているわけ。
復元って便利だな~って話しでした…w


よし、ネタバレだけだった記事の前半を無駄話で埋めたぞ!w

…ちょっと調子に乗って長く書きすぎた気がするけどね(^^;


さてここから本文(^^ゞ
白虎の塔に行って見たよ!
meisouki_1266_TowerOfByakko.JPG

ネタバレになるので一応つづきに記載。
知りたくない人はここで回れ右!w

でわw







拍手

2つの新システムと2つの新エリア

2011/02/06 (Sun)

壁]ω・)ノ 走次郎です~。

最近は夜になると色々やる気が起きない。(主に眠気で)
もうすぐ終わってしまうというのに(-ω-;)

だからこそだろう飛天は出し惜しみしない!


2月3日(木)のアップデートにて、
新システム「装備ランクアップシステム」「妖魔還魂システム」
新エリア「青龍の塔」「白虎の塔」を実装いたしました!
公式から引用


妖魔還魂システムの★や☆は昔間違いで出てきたね~。
興味のある方はブログ内を検索でもしてみて…w
そのときに宝石も色々ドロップして困ったな~。
何に使うのかと思いきや、なるほどといった感じ。

青龍の塔と白虎の塔の実装により四神の塔がそろった。
これでストクエの続きも可能なわけだ!
もしそこまで実装されたとしてもそのまた続きは無理なんだろうけどね…。

ストクエとは言わずとも白虎の塔の勇士はあるのだろう。
元白虎民としては取っておかねばだな…w


いまいちよく分からないのが装備ランクアップシステム。
まぁ、何もランクアップさせてないからなんだけどね(^^ゞ

試しにウインドウを開いて材料の確認はしている。
防具のランクアップを試みる。
meisouki_1264_RankUP01.JPG

進化の書。
1つ上位の防具。
採集素材。
宝石。
ドロップ素材。

失敗による装備の消滅を防ぐための保護府(ショップ品)もないと厳しい。
おしゃれ覚醒で高級織物が要るように装備レベルに応じた進化の書(ショップ品)も要る。
高級織物みたいに進化の書もゲーム内で入手可能かは不明。
普通に実装されていたら大変なシステムだったな…w

宝石は妖魔がドロップするみたい。
瑪瑙(普通)となっているけど、ものによっては(良)とかが要るのは確認した。
昔に無駄にドロップしていたときを思い出すと…カバンが大変になりそう…w

LV60用防具だったら上位防具要らないけど宝石が超レアが必須。
だったかはは覚えていない(^^;


さて、お次は武器のランクアップ。
といっても黄金武器しかSSが無く記憶も無い(^^ゞ
meisouki_1265_RankUP02.JPG

…こいつは…?

普通は防具同様に必要だったけかな~。
黄金武器が最上位に位置するか特殊だったのかな~?

何はともあれ必要な銀白の金剛石はオレは聞いたことない(^^;
上位防具や霊光装備に使う○金剛石1ctとは別物だろう。
もう少し下位で使うのが瑪瑙とか琥珀とかの宝石だしその部類と同じだろう。


結局実行はしていないので成功した場合の効果も知らん。
何回進化させることができるのか、最高進化で何が起こるのかも未検証。

おしゃれ覚醒は20回。
武器強化は物法それぞれ橙で10回。
防具強化は物法それぞれ橙で5回。

感覚的にはおしゃれ覚醒みたいだから…結構進化させられそうだな~。
でも材料の数から見るとそんなに上げられないんじゃ?とも思う。


はてさてどうなるのやら(^^ゞ
という感じで今回はここまで。

ではまた~。







拍手

前のページ HOME 次のページ

カレンダー

05 2020/06 07
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
走次郎
年齢:
13
性別:
男性
誕生日:
2006/08/16
職業:
傭兵
趣味:
生産・露店・叢雲
自己紹介:
飛天オンライン在住の鏡童。
元白虎サーバー民。
流派「夢幻変奏曲」に所属。

平民34
剣客55 刀客62 傭兵70
武術53 狩人50 盗賊60
陰陽41 道士39 蟲師39
医者58 楽師56 踊子41
商人46 
(2010.2.28)


-----アルテイル-----
ネーム:蝶のナイフ
ギルド:夢幻変奏曲

-----ハンゲーム-----
ID:蝶のナイフ

-----FNO-----
走次郎Lv37 (アクアマリン)
戦士28 騎士24
シーフ26
狩人25 機鋼師20
神官32 バード27
魔術師30 幻術師20
(2011.11.10)

ブログ内検索

最新CM

[11/24 ルイヴィトン 財布カンコク コピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ルイヴィトンバックコピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ブランド激安市場]

コピーライト

©2003-2010 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

© 2010 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Gamania is registered trademark or Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームポットに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

(c) 2006 2010 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
  当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。

(C) FromSoftware, Inc. All rights reserved.

(c)2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved.
(c)2011 Vector Inc. All Rights Reserved.

Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.
『千年戦争アイギス』(c)DMMゲームズ

©2018 bignox.com

迷走記 その弐

グーバーウォーク

メールフォーム

本文のみで送れます。

広告

アーカイブ



忍者ブログ [PR]
template by repe