忍者ブログ

迷走記

ゲームと日常での活動記録(`・ω・´ )

[1]  [2

[PR]

2019/11/16 (Sat)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャックれす討伐

2009/04/18 (Sat)

壁]ω・)ノ† 蝶のナイフです

アルテイルでは20日まで怪盗による乗っ取り事件イベントが行われている。
その中の1つの情報を載せる。

それは現在コンピューター対戦で行われているイベントジャックれすの討伐。
ジャックれすを倒し、合言葉をメールすれば報酬が貰える。








拍手

PR

ラヴァートヒーローズ

2008/10/19 (Sun)

壁]ω・)ノ† 今回は蝶のナイフということで…w

ラヴァートヒーローズはあまりやっていなかったので今頃だけどでルールの確認をしてみた。

負けの条件。
LPがゼロになる。
手札がなくなる。

SPの補充。
バトルで勝ったイクサーは GET SP の値が手に入る。
負けたイクサーは、5-(減った後のLP)入手。

オープン発動の順はレベルの高いカードから。
同じものは運で決定。

バトル時の注意。
2ターン目以降はAGLに関係なくランダム決定。


優勢神族の配列は決まっていないようだ。
オープン発動 と 援護発動 は同じ様だが違いもあることに注意。

アルテイルと同じくレベルアップ報酬あり。
アルテイルと平行して行うとカードも手に入ってよさげ。
片方上げすぎるとしばらくは報酬が物足りなくなる罠w

今回の報告は以上。

ではまた。






拍手

ぬっこぬこ

2008/05/28 (Wed)

壁]ω・)…こっそり走次郎です…w

蝶のナイフ実験室の方が怖い感じがして良かったんだけど、
研究室の方が「発見」を発表できそうだから代えちゃったのだ(^^ゞ

飛天での活動が無かったのでネタでも。
カテゴリージャックしたけど大丈夫かな…?
と思ってみたが気にしない方向で(^^ゞ


まずは普通に見ての通り火ペットっす。
火ペット:マオミィ

飛天の世界では可愛い部類に入るけど、よく見るとそうでもないんだよね;
飛天の火ペットは人間と同じ白目と黒目。
だから可愛さが損なわれているんだろうか…?
それともポリゴンだからか制作者のセンスか能力が原因なのか…( ̄- ̄;)

んでこの前発見したこと。
今頃だが発見した。
実は肉球もしっかりとある(≧д≦)


待機モーション
肉きゅう&舌

顔を洗うというか、耳をかくというかする前。
前足をなめるのだがペロッとしっかり舌が出るw


攻撃モーション1
ねこぱ~んち!

ねこぱーんち!w
どう見ても頭突きだけどね~w


攻撃モーション2
ねこき~っく!

ねこきーっく!
って足短い…w


余談だけど目の話。
リアル猫にはオッドアイというのがある。
左右の目で色の違う症状のこと。
でも先天的なオッドアイは視覚異常や聴覚異常があるって見知った記憶が…。

それを思い出して飛天の火ペットの目の違和感に気付いた。
猫っぽいだけで猫じゃないと言われたらそれまでだけどね(^^ゞ


ついでに目の構造も。
人は白目と黒目がある。
黒目は光を取り入れる瞳と、その瞳の大きさを調節する虹彩で出来ている。
よく見れば瞳は真っ黒で虹彩は茶色だと思う。
(青目の外人は虹彩の色素が足りないために青くなるらしい。)

猫には白目が無い。だから目自体に色があるように見えるんだね。


というわけで今回はここまで。
ではw






拍手

もう1つの楽しみ方:霊獣編

2008/05/25 (Sun)

蝶のナイフだ。

走次郎は途中で寝てしまったみたいだな。
代わりに謝ろう。
すまなかった。

その後も結局は何もしていないようだから書くことが無いようだ。

なのでアルテイルのカード企画の続きを書こう。
お陰でとりあえずの最終回を迎えられるというものなのだがな。


今回は霊獣編。
現世でも伝説の生き物の類の紹介をする。


紅石のカーバンクル : Ruby Carbuncle (ルビーカーバンクル)
カーバンクル

宝石獣や有石獣と呼ばれる種族だな。
額に宝石のように輝く器官があり色々と不思議な能力がある。
大きさはイエネコからライオンくらいまでと品種によって様々。
気性も宝石の能力によって様々。


現世のカーバンクルは UMA として存在する。
語源は英語の Carbuncle=「丸くカットされたザクロ石」。
まぁ Carbuncle には他にも色々な意味もあるようだがな。

ザクロ石とはガーネットだ。色は赤。色の種類はルビーと同じ。
要は赤色がスタンダードというわけだ。
この宝石の入手で富や幸福を得られるいわれている。
本当に居るとしたら、全く身勝手な話だな…。


不死鳥 : Phoenix (フェニックス)
フェニックス

一般的には火の鳥である。
この不死鳥は現世のものとそう変わりないと感じるな。

現世においてのフェニックスはエジプト神話における霊鳥であり、砂漠に住んでいるとされている。
500年に一度自ら火山に飛び込み燃え尽き灰になる。
そしてその中から若い新たな肉体で復活するといわれている。


ソロモン72柱に Phenex (フェネクス) という悪魔がいるが関連性は残念ながら知らない。
ただフェネクスはこの不死鳥と同じ姿で現れるようだ。
もちろん悪魔だから召喚者を試す。
その試練を無事耐えられたものに与えられる恩恵はフェネクスの持つあらゆる科学知識。

当時は科学は異端とされていたようだからな。
逆にフェネクスの影響を受けることを恐れての対策かもしれない。
しかし結局はフェネクスの持つ科学知識で隆盛しているのではと思うと、人類は悪魔に操られているのかもしれないな。


光の伝説馬 : Kirin (キリン)
麒麟【キリン】

麒麟。
雷をまとう馬のような姿のゲームもあり、そこでは見つかれば容赦なくプレイヤーを襲う。
このように人に対して敵対している事も多いようだ。
アルテイルでも同様の扱いであることは間違いない。


現世の麒麟は中国に伝わる霊獣だな。
麒は雄、麟は雌という説もある。
本来は体は鹿、蹄は馬、尾は牛に似て、頭に1本の角があり、全身から5色の光を放つという。

聖人の現れる前兆として姿を見せたようだ。
麒麟児という天才的な子供をさす言葉もあるくらいだ。
それから走次郎の居る"崑崙鏡"の中でどう干渉してくるかも見物だな…。


霊獣・怪物・精霊・亜種など、今まで紹介してきたものはほんのごく一部。
自らで起源などを調べてみると面白いかもしれないぞ?


今後もアルテイルに関わらずモンスターについて書く場合はこのカテゴリーに書くだろう。


それではまたどこかで。






拍手

もう1つの楽しみ方:怪物編

2008/04/29 (Tue)

蝶のナイフだ。
やっては見たもののしばらく更新もしていなかったな。
それだけではなく、アルテイルにも数日現れていないさ (ーー;

レンクセンもそうだが、古参と言うだけで実力は大したことがないからな…。

まぁ、愚痴は程ほどにして、今回は怪物編だ。
モンスターと一口に言っても死霊や亜人種なども含む場合もある。
理性無き敵対者を大まかな分別としてモンスターとしている場合もある。
今回は大型の動物のことを怪物と称して紹介することとにする。


巨大鳥 : Roc (ロック)
ロック

巨大な猛禽類のことをこう呼ぶことが多い。
その大きさは常軌を逸している。
はるか昔に、巨大な鳥が存在した可能性があるという説もある。
もちろん誇張はされていて、ここまで大きいわけはないけどな。
この怪物は結構出てくるもので、千夜一夜物語のシンドバッドの冒険にも出てきている。


首長竜 : Sea serpent (シーサーペント)
シー・サーペント

巨大な海棲生物であり、首長竜としての姿が一般的だ。
seaは海。serpent は蛇や悪魔(サタン)という意味合いがある。
竜種に分類したとしても、低俗な相手ではあるが侮れない。
もし船で航行中に出会った場合、かなり危険な相手である。
その一撃で船は沈み、投げ出された人々が海で戦って勝てるわけもない。

翼竜 : Wyven (ワイバーン)
ワイバーン

こいつはsea Wyven。海上より飛び立つ翼竜であるが、紹介したいのはワイバーン。
翼竜のことであり、低俗な竜種である。
飛竜と呼ぶこともある。
ドラゴンとの違いは、ワイバーンは腕がなく、鳥のような感じで翼が生えている。
ドラゴンは知性もあり、様々な言語を話すものもいる。
だがワイバーンは所詮は動物。本能でしか生きてはいない。
などなど、その差は雲泥の差である。

最近はこいつの様々な亜種を狩るのがはやっているようだな。
弱い奴なら人間が数人もしくは単独でもしとめられるという事だ。


今回は3体挙げたが、この手の怪物の特徴は戦闘能力が驚異的に高いということ。
中級以上の冒険者も油断は禁物。
その一撃で絶命する可能性も十分にあるのだから。
だが、所詮は動物。
知性はかけらもないのでそこを突き、連携や罠等を使えば勝ち目はある。

まぁ、狩る前に逆に狩られないようにだけは十分注意するんだな。


今回はここまで。
気が向いたらまた更新をする。








拍手

もう1つの楽しみ方:種族編

2008/04/13 (Sun)

蝶のナイフだ。
走次郎は露店しかしていなかったので書くことがない。
なので穴埋めとして、アルテイルカードの続きをお届けしようと思う。

今回は種族。
半人や亜種等は実に様々な種類が存在して、モンスターとして扱う場合も良くある。
知能もあり彼らの社会が存在していることも多い。

アルテイルのカードは種族と別に職業も設定されているが今回は種族のみに注目する。


人魚族 : Marmeid (マーメイド)
マーメイド

人魚。半人半魚の種族。上半身が人の女性で下半身が魚の場合を言う。
男性人魚は マーマン と呼ばれる。
区別せずに呼ばれる場合もあるが、マーメイド(女性人魚)しか出ない作品が圧倒的に多い。
海中で最大の文明を持つ種族であろう。
海中では他にも様々なモンスターが多いが、彼らは中立~友好的なので争うのは愚かである。

アルテイルには 「侵魚」 という変異させられた悪の人魚種が存在する。
彼らは一般的に言われる半魚人に似ている。
全身うろこに覆われた人型であるが、知性は低い。
こちらは敵対的なので要注意である。


妖精族 : Pixy (ピクシー)
ピクシー

妖精にも数種類あり、体長15cm程の妖精をピクシーということが多い。
不可視の能力を持っていることもある。
彼女らはとてもいたずら好きではあるが、人に対しては友好的である。

体長30cm程の種族にスプライト (Sprite) というのも存在する。
綴りから想像できるように精霊に近い種であるのかもしれない。

妖精といえばもう一種有名なフェアリー (Fairy) である。
彼女らはもっと大きく、1メートルくらいである。
ピクシー同様いたずら好きで、半人半神という説もある。



豚族 : Ork (オーク)
オーク

直立2足歩行が可能で、手先もそれなりに器用。
醜悪な容姿だが体は大きく力は強い。
知能は低いがあらゆる種族に対して敵対的である。
初級の冒険者でも対処可能だろうが、数で押されたらさすがに危ないだろうな。


他にも有名な種族は多いが、アルテイルではそれほど出ていないようだ。
エルフ・ドワーフ・ホビット・ゴブリン・ケンタウロスなどなど。
改めて調べてみると面白い発見があるかもしれないぞ?


逆紅白戦が近いというのに未調整だ。
まずいな…。

ではまた。








拍手

もう1つの楽しみ方:精霊編

2008/03/21 (Fri)

中世ヨーロッパ「世界は全て4つの元素でできている」と考えられていた。
それらは4大元素と言われ、火 水 風 土 である。
その元素の構成を変えることで、石を金にすら変える科学を錬金術と言われていた。


今回は精霊について。
4大元素に代表される4属性のほかにも「属性」と言われるものには精霊が設定されていることが多い。
それは五行相克の属性に対する属性もあり、光と闇のように全て対になる考えもある。


火の精霊 : Salamander (サラマンダー)
サラマンダー

別名 : 火トカゲ 。灼熱の槍を持っていることが多い。
性格は短気な場合が多い。
火の下位精霊として扱われることもあり、その場合上位精霊はイフリートである場合が多い。
火を操ることができる。火勢を増すこともできるし、逆に抑えることもできる。


水の精霊 : Undine (ウンディーネ)
ウンディーネ

女性の姿である。
綺麗な水辺にしか現れない。水を汚すので基本的に人が嫌い。
性格は穏やかで争いは好まない。
生物を体内に閉じ込めて窒息させることも可能である。


風の精霊 : Shylph (シルフ)
シルフ

水の精霊同様、女性の姿をしている。
性格はまさに風のように気まぐれ。そよ風のように花の香を運べば、嵐ともなる。
風の下位精霊として扱われることもあり、その場合は上位精霊はジンである。


光の精霊 : Will o' the wisp (ウィル・オー・ザウィスプ)
鬼火や人魂とされることもある。
森で迷い、助けの明かりだと思い追いかけると底なし沼に沈められる場合もある。
光るのは雷光球であるからである。切りつければもちろん感電する。


闇の精霊 : shadow (シャドウ)
アルテイルのカードを持っていないので英名は予想。
闇の精霊は精神にダメージを与えたり、影や闇にまぎれて相手を襲うことができたり、
または光あるところでも闇を発生させて視界をなくすことができたりする。
比較的最近作られたものらしく、能力もさまざまである。


土の精霊 : Gnom (ノーム)
アルテイルにはないが、4大元素のひとつでもある土の精霊。
こびとであり、手先が器用で、細工が得意。
近種にドワーフがいるとされる。


木の精霊 : Dryad (ドライアド)
1本の木に1体宿っているとされている。
姿は女性であり、美男子にとても目がない。
好みの男性を見つけては魅了の魔術で誘い、木の中に取り込み一生を過ごさせることもあると言う。
木自体が彼女の体でもあるので、木が枯れれば彼女も消える。傷をつけようとするものには容赦なく攻撃を行う。


金の精霊
五行相克で木に克つものとして扱われ、刃物に宿っているとされる作品もある。
日本ではタヌキが金の精霊とされている。


SSがあったりなかったりするのはただの気まぐれ。


今回はこれで。次回をお楽しみに。






拍手

HOME 次のページ

カレンダー

10 2019/11 12
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
走次郎
年齢:
13
性別:
男性
誕生日:
2006/08/16
職業:
傭兵
趣味:
生産・露店・叢雲
自己紹介:
飛天オンライン在住の鏡童。
元白虎サーバー民。
流派「夢幻変奏曲」に所属。

平民34
剣客55 刀客62 傭兵70
武術53 狩人50 盗賊60
陰陽41 道士39 蟲師39
医者58 楽師56 踊子41
商人46 
(2010.2.28)


-----アルテイル-----
ネーム:蝶のナイフ
ギルド:夢幻変奏曲

-----ハンゲーム-----
ID:蝶のナイフ

-----FNO-----
走次郎Lv37 (アクアマリン)
戦士28 騎士24
シーフ26
狩人25 機鋼師20
神官32 バード27
魔術師30 幻術師20
(2011.11.10)

ブログ内検索

最新CM

[11/24 ルイヴィトン 財布カンコク コピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ルイヴィトンバックコピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ブランド激安市場]

コピーライト

©2003-2010 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

© 2010 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Gamania is registered trademark or Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームポットに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

(c) 2006 2010 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
  当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。

(C) FromSoftware, Inc. All rights reserved.

(c)2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved.
(c)2011 Vector Inc. All Rights Reserved.

Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.
『千年戦争アイギス』(c)DMMゲームズ

©2018 bignox.com

迷走記 その弐

グーバーウォーク

メールフォーム

本文のみで送れます。

広告

アーカイブ



忍者ブログ [PR]
template by repe