忍者ブログ

迷走記

ゲームと日常での活動記録(`・ω・´ )

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

[PR]

2020/04/01 (Wed)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終わり・始まり

2012/12/31 (Mon)

走次郎です(・ω・)ノ


たまに…というか結構話題に出すモバゲーの話し。

最初は武装神姫のバトロン終了⇒バトコミュ開始で登録。
アルテイルバトルRPGというのがあったことに気づき登録。
昔地上波ラジオで萌えcanチェンジというのがあったので登録。

という訳でモバゲーも遊んでいるから気が向いたら探してみてくれ。
主にPCから片手間に遊んでいるだけだけどね~。


バトロン終了からはじまったモバゲー登録。
バトコミュもすでに終了している。
アニメが開始して先日最終回も向かえ、武装神姫は今は何もだな…。

アルテイルバトルRPGもすでに終了している。
当時はゲームポットが運営していた。
終了間近で運営が同じゲームとの連動キャンペーンをやっていた。
なので戦姫★クライシス@アクエリアンエイジというのを登録。

そして2013年2月にその戦クラも終了するとかどうなってるんだよ…。

そんな中アルテイルのモバイルゲームが開始していた。
闘神!アルテイル★コロシアム という名前。
システムはバトルRPGに似ていてすんなり入ることはできた。
12月27日にフィーチャーフォンにも対応した。
運営はコアエッジ。
このコアエッジはゲームポットが100%出資して出来た会社らしい。


この年末に激動だよな…。


終わりと始まりといえばマヤカレンダーも騒がれていたな。
暦の終了というだけで世界や人類の滅亡ではないという説が本当っぽかったね。
マヤカレンダーが数千年周期でまた1年1月1日(?)から始まったという話らしい。

しかし終わりは訪れて、新時代が来るという説もあったり無かったり。
世界が激動し文明が急進化するかもしれなとかどうとか。
何が起こるか、先数年間は見ものだね。

うるう年とかの誤差を計算に入れていなかったから滅亡がもう少し先と言っている人もいるみたいだね。
終末の話題は尽きないものだね…w


という感じで今回はここまで。

ではまた~







拍手

PR

出銭バー

2012/12/03 (Mon)

壁]ω・)ノ 走次郎です。

もう12月だ。
こういうときは毎回、光陰矢のごとし、とか書いてる。

師走だね~。

師も走る忙しさ。
先生とかそういう師ではなかった気がする。
お坊さんのことだったきがする。

先生といえば中国では老師というらしいね。
評判の老師とか懐かしいな…。


あ、そうそう、タイトルのことも触れておこうかな(^^ゞ

別に走次郎が考えたわけではないです。
中学の英語の先生がこんな感じで覚えてたという話し。
色々出費の多い月ですからね~。
ちなみに1月は、銭有ー。


録画アニメが段々増えた結果土日が忙しいw
ゲームがなかなか。

やれる場合はダークソウルやりたい。
まだ過去のウーラシールに入ってすらいないよ( ̄- ̄;)


平日はPCでブラゲやらなんやらをいくつか。
というか手を出したは良いが辞める踏ん切りがつかずダラダラと(^^ゞ
ちょっと数が多くなってきて大変(^^;

まずバトラと激戦中のアルテイル(未参加だけど)
ハンゲームはSNS系のバトルやシミュレーション数本。
(主にわグルま!、トイ・プラネット、カード戦隊ヒーローズ)
モバゲーでも数本。
(戦姫★クライシス@アクエリアンエイジ、萌えcanチェンジ、アルテイル☆コロシアム)

モバゲーでアルテイルの新ゲームが始まったね。
旧ゲームが終了して戦姫★クライシスに流れて、新ゲーム再開。
参ったね~。

アルテイルとわグルま!は人気が高めかな。
ジーパラドットコムの 有言実行 公約付 オンラインゲーム人気投票 で競ってたからね。
今年はどうなるのかね~。


個人的にはブラウザ銀河大戦も良かったけどね。

アレはまさにブラゲのSLGで戦争ゲーム。
RTSというのかな?
リアル・タイム・ストラテジーというジャンルで海外では区別しているらしい。
日本では戦略SLGとか分類していることが一般的かな。
箱庭ゲームとかいわれているジャンルに近いけどそれとも違うとか?
自分の領地(母星系)を持って、開発開拓してユニットを育てて、と言った感じ。

戦略SLGでオンゲだから下手すれば寝込みを襲われることも。
大きい組織に入っていれば誰かしらに守ってもらえるかもだけど…、
だが逆に大きめの組織通しの戦争となればもう大変!
連日まさに四六時中どこかしらで戦闘が行っているからね。
それはそれで楽しかったけど。
組織の長は寝ているのか?というくらい大変らしかったけど。
まぁ、今は気が向いたらログインしてみるくらいで休止中だけど。


今やっているオンゲは飛天民とは関わっていない。(と思う)
その辺が残念であり、しかし面白いところでもあるけど。
ハンゲでもモバゲでもSNS機能があるからね。


という感じで今回はここまで。
久しぶりだから超駄文乱文だね(^^;

ではまた(^^ゞ







拍手

歴史ミステリー

2012/11/07 (Wed)

走次郎です(・ω・)ノ

都市伝説は面白い。
良くできているものは本当に良くできている。
嘘かもしれないし本当かもしれない。
信じるかはあなた次第。


聖徳太子の話とかも一部話題になってるかな。

この名前は彼の死後に付けられたらしい。
なので今の教科書では当時の名の厩戸皇子とされているみたい。
十七条憲法や冠位十二階などを制定した人物。
数名の者の話を聞けたりもしたらしいね。

そんな彼だがその偉業や出生から作られた人物という説がある。
名前の厩(うまや)とは馬小屋のことでその前で生まれたらしい。
これがキリストと同じらしく他国に対しての意識からかもしれないとか?
いくつもある偉業も他人の物を融合させたとか?


最近の出来事では月面着陸も話題だね。
アメリカがソ連に対して宇宙開発は我国が先進とアピールするために偽装したとか。

映像の矛盾が色々話題になってたね。
旗がなびいているようだ、とか。
光の当たり方がおかしい、とか。

当時のコンピュータや宇宙服などで行けたのかも不思議。
当時のコンピュータはファミコンくらいの演算能力しかなかったらしい。
さらに宇宙線が高密度で危険な地帯を通らなければいけないらしいのだけど無事でいられるのか?

とはいえ月面には反射板があって、それによって正確に距離を測っているという事実があるはず。
映像が偽装でも行ったということは確かなのかもしれない。


信じるかはあなた次第…!


アニメでも歴史の謎を作ることは多く、面白い。
裏設定のまま公開されないもののあれば事件の根底である事も多い。


例えばワンピースでは現代の海軍が統治する前の文明。
謎にされていて前文明と現文明の間に事件があったとされているが…。

ワンピースはなんと言ってもその秘宝ワンピースが何かも謎なわけで。
世間では古代兵器だとか、ココまで来た絆が何よりの秘宝とか、色々噂されている。


他にもNARUTOとか。

ナルトの人間として、忍者として、その争いと憎しみと愛と勇気と正義の話し。
大きな要素となるのが忍術と忍び里の体系を作った者たちの話し。
現在の敵がその初代火影(里長の事)の同時代の忍者。
幻術系を操る目としては最強の写輪眼を持つ『うちは』一族の忍び。
元気に動けるような年齢ではないと思うのだが?
過去に何があり、今何をしようというのか?

宣言では月を媒体に写輪眼の幻術を世界中の人間かけて統治すると。
確かに完全に支配できれば争いはなくなると思われるが。


今シーズン開始の『新世界より』も深い。

一時期6000トルを超えた注目作!
原作の発行レーベルは講談社文庫。
ラノベとは一味違うということか?
SF大賞をとった作品らしい。 作者はミステリー作家らしい。

舞台は今から1000戦年後。
超能力の使える世界ではあるのだが、科学的に開発された感がない。
風景が田舎過ぎて、現在の田舎と同じくらい。

ちょっとくらい田舎もあるだろうと思ったけど、1000年後といえば途方もない!
科学技術だってどれだけ進歩しているか!?
田舎とは言えその片鱗も見受けられないのはおかしい。

4話まで観てその理由が一応明かされた。
超能力が使えるようになった人類がどう発展したか。
その暴徒と戦争。抑制と衰退。
そして現在の文明に至るまで。

その事を知った少年少女たちはどうなるのか?
どうするのか?

よく分からない部分が多かったが何となく分かってきた。
何度か観ると理解もできるし伏線も楽しめるだろうな。


色々話を飛ばしたいけど…今回はここまで。

ではまた(^^ゞ







拍手

TOKYO MX ~ tvk

2012/11/05 (Mon)

走次郎です(・ω・)ノ

アニメも観たりゲームしたりはしてるよ(^^ゞ
PS3もやりたいけど、土日はとりあえず録画から観るから時間なかったり。

とある土曜は前日の夜更かしのせいであまり観れず残る。
次の週は日曜に偏頭痛を起こし観れず。
そして先週末。
特に普通の土日だったが最大で3週分もあれば観きれんわな(^^;
案の定まだ少し残ってるよ…。


今残っているのはソードアートオンライン。
2話分観て無いけど、まぁ今週末には観れるだろうね。

まだまだ続くSAOと同時プッシュのアクセルワールド。
そういうわけだからなのかAWのラジオまだやっている。
ネット配信されているので時間に余裕のある人は検索でもしてみて。


ちょっとやっかいなのが『みなみけ』
今頃という話ではあるが、触れてなかった作品なんだ。
キャスト的にも気になっていたので良い機会なので視聴。

まどかマギカのように遅れてでもその辺は仕方ないし構わない。
なのだが、みなみけはTOKYO MX(東京ローカル)で放映。
そして2期に当たる みなみけおかわり はtvk(神奈川ローカル)などで放映。
なぜか同時に。
まぁ1期観終わってから2期観るけどね。

しかしなぜ…?
4期目の ただいま というのが2013年1月からやるらしい。
しかし3期目のおかえりは?

…気になれば買えということか…w


という感じで今回はここまで。

ではまた(^^ゞ







拍手

2012年秋アニメ 問題作

2012/10/16 (Tue)

走次郎です(・ω・)ノ

前シーズンはじょしらくが面白かったが危なかった。
今シーズンにもコレは問題というか反響が大きそうな作品がある。

それは『中二病でも恋がしたい』

炎を操る者がいたり、心理を見通す目があったり、がない普通の世界
主人公は過去に重度の中二病だった男の子。
黒歴史としそれを全て捨てて新たな環境で高校デビュー!
と思いきやそこに現れたのが現役中二病の女の子。
過去は隠して生活するつもりだったが不注意にも知られてしまう。
興味を持たれ、付きまとわれ、いい迷惑ではある。
が、やはり好きだったものであり過去でもあり好まれていては…?

といった感じの中二病をネタとしたラブコメ。
 
 
制作は京都アニメーション。
相変わらずのハイクオリティー。
絵は綺麗で可愛いキャラが多い。
そして原作の発行レーベルKAエスマ文庫というところは京アニ運営。
京アニの本気作品とも言えなくもない…?
 
 
何が問題かと言えば、やはりその題材が中二病ということ。
昨今のラノベの多くは学園物+ファンタジー。
このアニメの出来が良ければ良いほど中二的な学園ファンタジーは危険。
このアニメを超える何かがないとこのギャグに負けてしまう。
中二的な題材はギャグのネタにされるほど大きく広がり使われすぎている。
このアニメが頭を過ぎるようでは詰めの甘い作品ということになるのだろう。
 
例えば今秋開始の コード:ブレイカー 新世界より 絶園のテンペスト。 

新世界よりはミステリーでSF(?)
超能力を使える世界。
とはいえバトルモノじゃないので大丈夫ぽい。
 
コード:ブレイカーと絶園のテンペストは危ない。


まずコード:ブレイカー
異能の者が名を捨てて、法で裁けない者を影で裁くというもの。
要は必殺仕事人。

主人公の能力は左手から発せられる青い炎。
目には目を 歯には歯を 悪には悪を というフレーズを心情に悪を滅している。
中二病的思考ど真ん中の作品で特に炎を使うという点が合致していて…。
能力やバトルが目立ちすぎるようだと不運でしかない。


つぎに絶園のテンペスト
 
魔術とか世界の崩壊とか出る主人公高校生の学園系のファンタジー。
人間の欲望や本質や社会の闇や矛盾のような部分が前面に出ている気がする。
魔術は事件を大きくするため。戦闘をより派手にするために用いている感じと取れる。


作品毎に世界の理がありその辺は分別して観ているつもりではある。
しかしそんな完璧に切り替えができるはずも無く。
そもそもギャグは他人や他作品の引用や揶揄というのが正攻法。
今後何が飛び出すのかによって他の作品に多大な影響が出そう。


ただそれほどこの中二病でも恋がしたいは面白い。
テーマ曲もテンポ良く...ただOPの絵は見づらいけどw
最初の方に書いたけど京アニなので質が高い。
最近だとけいおんや日常や氷菓など知ってる作品があれば共感できるかな?
風景から動きまで細かい描写が綺麗。

ちょっと問題児な気がするけどそれはそれ。
走次郎的にはオススメ。
どう影響されるかわからないし補償はできないけどね~w


といった感じで今回はここまで。

ではまた(^^ゞ
 







拍手

2012年 夏アニメで面白かった問題作?

2012/10/11 (Thu)

走次郎です(・ω・)ノ

続々新番が開始。
といいつつ今回は前シーズンのアニメから(^^ゞ

というのも今回はちょっと話題というか問題作の話。


前シーズンはじょしらくが凄かった。

ギャグ作品ではオマージュとか多かったりする。
例えば似たキャラとか台詞回しとか仕草とか。
じょしらくはそういうのではなく、もう直接的。

あの人がどうとかあのキャラがどうとか。
それが夢の国のネズミがどうとか少年名探偵がどうとかあの政治家がどうとか。
もう危ない危ないw
その結果多かったのがピー音。台詞の規制。
さらにはネタ原作の画像っぽいのをモザイクで出したり。

昨今のアニメは肌色が多いと謎の光とか煙とかで隠すわけだが、
そういうエフェクトで隠すことは…なかったような気がする。

それなりに裸とかお尻とかも出ていたんだけど規制してなかったんだよね。
物でうまく隠していたりしていたけど結構丸出しだった気もするな。
ラジオでも言っていたけど色気がなかったからスルーされたとか。
内容のチェックが大変でそこは見逃してしまったとか。
あくまでも自主規制だし真相は不明だね。

第一話でやりすぎて会話の規制が厳しくなったとかならなかったとか。
毎回演者が心配するほど危ない台詞が多かったとか。


じょしらくは主人公達が女子落語家。
落語や漫才やコントは世間や人気者を揶揄して笑をとることが多い。
と考えるとわりと伝統的な笑いに近いのかもしれないな~?

なんて思ってもみたりねw

面白かったし次期があることを期待。
気が向いたら原作買ってみようかな(^^ゞ


今秋も話題作・問題作、色々ある。と思っている。
とりあえず数個挙げると、

新世界より
中二病でも恋がしたい
絶園のテンペスト
コード:ブレイカー

BTOOOM
武装神姫
みなみけ とおかわり

てーきゅう
うーさーなその日暮らし

かな。
入れるべきところが外れていると思うけど、
ま、そこは走次郎的なので外したという事で(^^;


まだまだ書きたい事はあるのだけどもっそい長くなるので今回はここまで。

ではまた(^^ゞ







拍手

2012年 秋アニメ

2012/10/02 (Tue)

走次郎です(・ω・)ノ

昨日は台風が凄かった。
しかし台風一過。その後は晴天。
夜中だったけど月を観れて良かった。
満月は明るいね。影ができるんだもの。
昨日は中秋の名月。とても綺麗な月でした。


さて10月です。
新番のシーズンです。
毎度のことアニメいっぱい変わっちゃってどうしようか悩みますよ( ̄- ̄;)

バトル、アクション、コメディ、ミステリー、サスペンス、SF、日常系など、ジャンルいっぱい…。
今更というか、またというか、自分が何を求めているのか?
デジタルで録画できるようになって深夜枠まで観るようになって、
もう方向性がつかめないでいる。
何を求めているのか?
現在の状態も加味してよくよく考えると…。
…やっぱり逃避なのかな~…?

作品から感動や思わぬ人生観を学ぶことができるとはいえ…、
欲しているのは爽快感や裏切りの展開や充実の学生生活など。
(…と書くと経験できないことの補完とも言えなくも無い?)
でもまぁ過去と妄想とコメディも好きという点を考えればやっぱ逃避かな(^^;


まぁ、その話しは置いといて新アニメの話し。
話題の作品もあればなんか凄そうなスタッフ陣のアニメもあれば。
内容が良さそうだったり、キャストが良さそうだったり。

昨日見た限りでも30本強の新番がある。
例えばアニメだから30分でそれを全部見たら15時間。
リアルタイムで観れれば良いけど土日メインで観ている者にとっては厳しい。
アニメだけじゃなくラジオもゲームもやりたいものはあるわけだし。

ライターとか仕事で必要な人は全部観なきゃだろうけど、
それ以外の人は到底見切れるとは思えない。
女児向け、男児向け、大人向け、と色々あるし。

という訳で取捨選択。
予約だけで半分くらいは削って、
さらに観て趣向に合わなければ削る(今までに合ったかは…?)。
最悪半分くらいだから15本くらいか。
2日で7.5時間。CM飛ばすと結構削れるから1日4時間以下。
最初から原作が人気作・話題作もあるし、後に話題となる場合もある。
それでも観たいかどうかで決める。
話題作だろうと、後に反響が大きかろうと、観なかったら諦める。
最初から無かったものとして関わらなければ良い、と考える。

変に義務感とかで観たらただの修行になっちゃうからね。
ゲームもそうだけど楽しんでこそ。
作業になってつまらないならスッパリ止めても良いわけだ。


とりあえず今回は一個だけ気になる作品を挙げてみる。

・武装神姫
TBS系列で放映。
ジャンルは日常系。
バトルもあるらし。
全高15cmのフィギュア神姫がマスターのためにがんばるアニメ。

原作は2006年にフィギュアから始まり、
オンラインゲームや漫画やPSPやにも広まりついにテレビアニメ化。
走次郎はオンラインゲームに触れてたため目に留まったタイトル。

あと制作陣の中で音楽が気になったりならなかったりもする。

ネットラジオもあったりする。


余裕があったらどうぞ(^^ゞ

という感じで今回はここまで。

ではまた~







拍手

前のページ HOME 次のページ

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
走次郎
年齢:
13
性別:
男性
誕生日:
2006/08/16
職業:
傭兵
趣味:
生産・露店・叢雲
自己紹介:
飛天オンライン在住の鏡童。
元白虎サーバー民。
流派「夢幻変奏曲」に所属。

平民34
剣客55 刀客62 傭兵70
武術53 狩人50 盗賊60
陰陽41 道士39 蟲師39
医者58 楽師56 踊子41
商人46 
(2010.2.28)


-----アルテイル-----
ネーム:蝶のナイフ
ギルド:夢幻変奏曲

-----ハンゲーム-----
ID:蝶のナイフ

-----FNO-----
走次郎Lv37 (アクアマリン)
戦士28 騎士24
シーフ26
狩人25 機鋼師20
神官32 バード27
魔術師30 幻術師20
(2011.11.10)

ブログ内検索

最新CM

[11/24 ルイヴィトン 財布カンコク コピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ルイヴィトンバックコピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ブランド激安市場]

コピーライト

©2003-2010 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

© 2010 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Gamania is registered trademark or Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームポットに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

(c) 2006 2010 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
  当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。

(C) FromSoftware, Inc. All rights reserved.

(c)2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved.
(c)2011 Vector Inc. All Rights Reserved.

Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.
『千年戦争アイギス』(c)DMMゲームズ

©2018 bignox.com

迷走記 その弐

グーバーウォーク

メールフォーム

本文のみで送れます。

広告

アーカイブ



忍者ブログ [PR]
template by repe