忍者ブログ

迷走記

ゲームと日常での活動記録(`・ω・´ )

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

[PR]

2020/04/01 (Wed)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

抱腹絶倒

2012/08/16 (Thu)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

十数年前にアニメ⇒声優⇒ラジオ。
といった感じで本格的にラジオ好きに。
耳を傾けるだけなので片手間でも楽しめるのが良いね。

ラジオは興味ない人は本当にスルーな感じなのが残念だね。
価値観や趣向の違いはあるものだから仕方ないけど。
それに声優のイメージや原作のイメージが一変することは必至だしね。


で、現在聴いているネラジの中で特に面白いものの紹介でも。
楽しめそうな人は暇なときに何でも良いから聴いてみて欲しいかな。


ラジオRewrite 月刊テラ・風祭学院支局
熱い。むしろ暑苦しいほど!の森田成一さんと 
ハートブレイカー斎藤千和さん。
初回からもの凄い安定しててそれで何が出るか予測不能。 


はぐれ勇者の鬼畜美学<エステティカ> はぐれラジオ
しこりんこと岡本信彦さんと、 
よう声が通る、巨乳声優こと日笠陽子さん。
日笠さんの芸人気質(?)は素晴らしいの一言w


ちょちょいっと検索すればすぐにたどり着けるし、
興味が湧いたらついでに他のも聴いてみると良いかも。


といった感じで今回はここまで。

ではまた~








拍手

PR

仮想 現実

2012/07/29 (Sun)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

引き続きソードアートオンラインとかアクセルワールドとか(^^ゞ
SAOもAWも同じ作者で同時期にアニメ放映。
ラジオやオフラインイベントをいっぱいやって凄い押されてる。

アニメとラジオくらいしか触れてないけど面白さは実感。

でも本当の原作ファンは触れるべきなのか難しいところだよね。
アニメ化というだけで原作とは表現や展開が変わる場合は多いし。
特にラジオはキャラと声優の性格のギャップがあるわけだし。

例えば黒雪姫役の三沢紗千香さんとか。
心に闇を抱えるとまで言われるほど負の方向へと考えてしまうらしいからね…w
電車に乗った時、席を譲るべき状況になったらどう声をかけるかとか立つタイミングとか、
その辺が上手く行きそうにないから最初から座らないとか。
計算がとにかく苦手とか。
その辺りざんねんだけど面白くて可愛らしいと思うんだけど、キャラとはかけ離れてるよね。

声のイメージや声優の性格や演技の質感。
そして監督とかアニメ制作会社とか色々な繋がりが多くなっていく。
その全てもしくは一部でも知り、広がっている世界を受け入れ楽しめるか。
原作のみを本物としてそれが崩れないように他には手を出さないか。

何が正しいとかはないと思うけど、まぁ難しいところだよね。


声優といえばAWのユニコとSAOのシリカが同じ声優だったね。

キャラの年は同じくらいだけど性格とか全然違ったわけだし。
素直に声優スゲーと思う出来事でしたとさw

この声優は日高里菜さん。
確か子役から声優になった実力派の若手声優といった感じ。
まだ10代なはず。
で、芸歴は10年を超えるというのだからね。
ラジオ聴いたことあるけど凄くしっかりした子だったな。


さて、この辺で本編の内容にも触れないとね(^^ゞ









拍手

VRMMORPGSAO

2012/07/22 (Sun)

壁]ω・)ノ 走次郎です。

ゲーム日記のはずが最近はアニメばかりだな(^^;

というわけでソードアートオンラインの観想的なものでも(^^ゞ
タイトルは合っているか分からないけど頭字語こんな感じかな?

あ、SAOは原作も読んでないしネットで情報を得ているわけでもない。
なので今回の内容はすでに討論されているだろうし、作中で解決しているかもしれない。

今頃?という内容だろうから注意(^^;


ソードアートオンラインはヴァーチャル世界に入り込んで行うMMORPGで、
ヘルメット型のナーヴギアという機器を装着して行う。

マクロ波で脳をコントロールして感覚を錯覚させているのだと思う。
触覚(特に痛み)や味覚や嗅覚がどこまで再現されているのか、可能なのかは知らないけど(^^ゞ

で、初回ロットが1万本発売。
世界的に注目を集めるゲームが開始された、わけなのだが、
プレイヤーは事件に巻き込まれる。
制作者がゲームからログアウトすることを封じた。
そしてSAOでの死は現実での死と宣言。
ナーヴギアのマイクロ波の操作で脳を焼くと。
現実でナーヴギアを外せば強制ログアウトになるがその場合も同様に脳が焼かれる。

全プレイヤーは閉じ込められてGMの観察に付き合わないといけない。
プレイヤーにとっては一時的にVR世界が現実とされてしまった。

抜け出す方法はこの世界の攻略。
全100フロア。
フロアのクリア条件はボスの撃破。

この事件は解決するのかだろうか?
誰がクリアできるのか?
といった感じだかな。









拍手

2012年下半期に入ったとか言って早半月だよ!?w

2012/07/16 (Mon)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

下半期というのはもちろん1年間の後半の半分ということ。
学校も決算とかも基本的に4月始まりなんだよね…。

年の始まりはもちろん1月1日と思えるか社会の動きから4月から始まると思えるか。
人それぞれかもね。

だからどうしたというわけでもないけどね(^^ゞ


ソードアートオンラインについて書こうと思ったけど、
新番アニメの感想続きでもだらだらと書いてみようかw

境界線上のホライゾン
人物が非常に多くて未だに名前が頭に入っていない人物も多い( ̄- ̄;)
おそらくバトルシーンが特に面白いから観ているんだと思う。
例えるなら剣道や卓球のような団体戦ではなく、バレーとかサッカーな感じ。

トータルイクリプス
スピンオフ作品なのだが、例に漏れず原作関連は全く手をつけてない(^^;
メカが格好良かったり、なんだかエロい部分があるけど、
今期観ている中では最もダークな内容ではありそうだね。
ラジオを聴いているために何となく知ってはいるが、そこは例に漏れず壊れ気味なわけでw
ラジオで原作の雰囲気が出ているものはほとんどないからね。
パーソナリティの地が前面に出るから多くはカオスになっているかなw

DOGDAYS'
この作品もまた出演者が多くて、名前覚えきれませんよ?(^^;
そのほとんどが人気声優だらけという作品。
それに肌色演出(?)も多いね。武装破壊とかさ。
1期のストーリー展開が急すぎでそれで規模が大きすぎと感じていた。
何か個人的には違和感だらけな感じだったんだよね。
今期はどうなることやら…?

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)
現代~近未来学園でファンタジーで主人公が無敵に近い強さという感じ。
肌色演出も多い。自主規制の中身はDVDでといった感じ。
この感じのアニメは観たことがないかもしれない。
ジャンルからか演出からかただ単に量が多かったからかは不明。
でも観ようと思ったのはこちらもラジオから(^^ゞ
そのラジオの方はあまりにもカオス過ぎて…w
声優好きはキャストで選ぶこともあるらしいし。
たまにはそういう基準で選んでも良いかななんてねw


といった感じで今回はここまで。

ではまた(^^ゞ








拍手

2012年も下半期だよ!?

2012/07/10 (Tue)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

というわけで7月に入りました。
下半期です。
あっという間だね~(-ω-;)

アニメも夏アニメ始まったね~…w


乗り遅れたけどまどマギは観ておいて良かった(^^ゞ
魔法少女という単語とあのふんわりした絵柄とは裏腹な酷なストーリーなんだものね。
オープニングの絵や歌詞も終盤になって、なるほど、という感じだったし。

プロモやOPの絵や歌詞はストーリーの重要部分を切り抜いていることは少なくないからね。
切り抜きだから前後の繋がりがわからないからそれだけ観てもハテナ?なんだよね。


さて新番のことでも。

じょしらく が思った以上に面白かったw
トルネ他での概要しか見てなかったのでどんなものなのか正直不明だった(^^;

いわゆる日常系のゆるいアニメ。
しかも楽屋裏トークという本当に動きの少ない部分。
作品序盤でも言ってたけど、確かにアニメ化の有効性がいまいちな番組w

アニメならではの間とか演出や声優の声質とか楽しめるところは多いわけだけどね。


で次、 人類は衰退しました。
遠い未来の現人類の文明が繁栄の後に衰退し絶滅の危機に陥っている時。
高度な技術は既になく、狩り等をしながら生きながらえている世界。

ただ…これも日常系…になるのかな?
何かに侵略されてるとか殺伐としたものじゃなくコメディだね…w

現代でも歴史ミステリーはあるわけだし、それを面白く描いてたりもしているみたい。


それから、 ソードアート・オンライン は期待していた作品。
原作は読んでないけどアクセルワールドと同じ作者みたいだし。
アクセルワールドはテンポも良くて観ていてあっという間だし。

SAOは1話しか観てないけどどうなるのか、どうするのかが楽しみ。
普通のMMO仕様だとしたら…普通に考えて超難関だろうな。
課金による難易度調整がないだろうから、その分クリアしやすいのかな?

とはいえ飛天でもあの覚醒ボス達は大変だったわけだしな。
過去ボスの強化再来は終盤やエクストラでは多いから、強さだけをSAOに置き換えても上層階かな。
ストーリー部分でも火鳳凰とか強かったしな~。

難易度云々もあるけど全100階で各階にボスが居るらしいね。
各階での詳細を描くことは難しいだろうな…w
ショートカットがあるとか、間を端折るか、途中で事件解決が妥当かな。

上でも書いたけど原作を読んでなくて、しかもまだ第1話。
ネットでのネタバレ・考察などは観ないようにしているし。
方向性が全くつかめていなかったいする(^^ゞ

色々期待膨らむがSAOの話の続きは次回!w


という感じで今回はここまで。

では・w・ノシ








拍手

原作と展開

2012/06/27 (Wed)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

ブログの更新が滞っている。
ツイッターでもつぶやかないし。
走次郎の存在がどんどん薄まっていく感じが…(^^;

ハンゲとかモバゲとかのゲームはちょいちょいやっていたり。
日常で思うところもいっぱいあったり。
日常は明かさないというところもあるけど一番大きい理由は面倒だからかな(^^ゞ
大したことを発信するわけでもないから、その分ゲームとかをしてしまったり…w

ま、更新が月一未満になったらとうとう危ないかな?w


んで、本当はこの後アニメとか原作とか色々書いたんだけどね。
ブラウザが不具合で強制終了しました( ̄- ̄;)

もう一度同じ記事を書く気力もないので概要だけでも(^^ゞ

小説、漫画、アニメ、ドラマ。
情報の濃さがそれぞれ違うところにあって、それぞれが良い。

メディアミックスは難しい。
濃さの次元の違う媒体にするんだからね。

ニャル子さんはアニメで大成功?遊びが多かったな。
他作品の名台詞とかバンバン。
文化放送のアニスパが背景で流れてたとか。

今頃?再放送のまどかマギカを観て。
不思議な力とか魔法少女だけど、あれはSFなのでは?
ジャンルって難しいけど…確かに深くて面白かった。


…ん…概要だけでもスッキリして良い感じな気がしてきた(^^;
長く書いてもわかる人にはわかるし、わからない人にはわからないわけだし…w


という感じで今回はここまで。

ではまた(^^ゞ








拍手

空想 想像

2012/05/29 (Tue)

壁]ω・)ノ 走次郎です~

考えさせられる作品が好き。

前回も書いたけど、謎解きでキーワードを隠しすぎているのはどうかと思う。
ただ考えが及ばず解けないくらいが丁度良い。
まぁ、難しい線引きなんだけどね。
オレは全くわからなくても他の人は余裕で気付いたりしてるかもだし…。
 

でも後半になっていきなり奇跡とか霊的な話しが出るのはやっぱり興醒め。
魔法でも奇跡でも行き過ぎず、出来る範囲がわかれば良いかな。

謎解きだけがミステリーじゃないわけだしね。
最初から出ていればそういう世界だと認識できるし。
思考の範囲を限定されれば考えやすくもなるし。
 
その考えられる範囲の外周ギリギリから攻めてこられるのが良い。
そこを発見できてもできなくてもやっぱり面白いわけで。
 
でもあまりにも外からの攻撃はズルイというか、そこが納得いかないのだろう。
外というか別次元からの攻撃といったほうが例えとしては合っているかな。
作者も読者も同じ次元にいられることが面白さにつながっている気がする。
 
 
ふと思ったのがマジック。手品。
科学と心理と手先で観客を騙すもの。
 
アレこそ思考を限定して死角を作りそこを攻める典型で最高峰じゃないかな?
さらには思い通りに誘導までするのだからね。
プロのマジックともなればタネがわかるわけもなく。
ミステリーは種明かし含む場合が多いのに対してマジックはほぼ明かさないけど。


考えさせられる作品が良いと最初に書いたわけだが、ミステリーに限らず。

正義とか。
善悪とか。
各々の立場が絡んでくる戦争とかね。

この辺は作者がどう考えているかが大きいんだけどね。
迫られる選択に何が正解なのかとか。
心情からその後の展開とか無理なく見せればそれでOKなわけだし。
色々な解釈があって、何が間違っているのかも難しいからね。

正義は正義であって、忠義ではないわけで。
だから国のためとか復讐とかが正義であるかと言われれば…?

国のためとは戦争。そこまで大規模でなくても喧嘩でも。
善悪を問われれば、客観的に見れば争いは単なる立場でしかないわけで。
そう考えるとどんな大義名分があれど悪しかないとも言えないか…?

まぁ、そんなに深い部分まで考えなくても良いわけで(^^;
誰がどういう立場で何の目的で争っているのか。
その背景はどうなっていて、実はこういう思惑で…!?
と考えていくのも推理物と違った面白さがあって良いわけで。

観ていて面白かった作品はその辺りが前面には出てなくても伝わるくらいだったのかも。
思惑や心情の作りこみが深いほど良かった、凄かった、と感じていたのかもしれない。

過去形にしたけれど連載作品はナウ面白いものも多いのだけれどね。


またもや支離滅裂な感じだけれども今回はここまで。

ではまた(^^ゞ
 







拍手

前のページ HOME 次のページ

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
走次郎
年齢:
13
性別:
男性
誕生日:
2006/08/16
職業:
傭兵
趣味:
生産・露店・叢雲
自己紹介:
飛天オンライン在住の鏡童。
元白虎サーバー民。
流派「夢幻変奏曲」に所属。

平民34
剣客55 刀客62 傭兵70
武術53 狩人50 盗賊60
陰陽41 道士39 蟲師39
医者58 楽師56 踊子41
商人46 
(2010.2.28)


-----アルテイル-----
ネーム:蝶のナイフ
ギルド:夢幻変奏曲

-----ハンゲーム-----
ID:蝶のナイフ

-----FNO-----
走次郎Lv37 (アクアマリン)
戦士28 騎士24
シーフ26
狩人25 機鋼師20
神官32 バード27
魔術師30 幻術師20
(2011.11.10)

ブログ内検索

最新CM

[11/24 ルイヴィトン 財布カンコク コピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ルイヴィトンバックコピー]
[11/24 ロレックスコピー]
[11/24 ブランド激安市場]

コピーライト

©2003-2010 SOFTSTAR ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Published by Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

© 2010 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved.
Gamania is registered trademark or Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームポットに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

(c) 2006 2010 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
  当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。

(C) FromSoftware, Inc. All rights reserved.

(c)2010 X-Legend Entertainment Corp. All Rights Reserved.
(c)2011 Vector Inc. All Rights Reserved.

Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.
『千年戦争アイギス』(c)DMMゲームズ

©2018 bignox.com

迷走記 その弐

グーバーウォーク

メールフォーム

本文のみで送れます。

広告

アーカイブ



忍者ブログ [PR]
template by repe